えいっとくん

TSKのキャラクター「えいっとくん」です。 TSKの番組案内等に登場するキャラクターで「えいっとくんたいそう」なるものまであったりします。 グッズが島根県立美術館にて売られており、記念に購入することにしました。 ハマれる、韓ドラの決定版 待望の新サービス☆『ロケットネット』 格安航空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぐるっと松江レイクライン

写真は松江駅に到着した、「ぐるっと松江レイクライン」です。 私は1回も使ったことがありませんが、松江市内の主要観光地をめぐるバスで、1回200円、1日乗車券なら500円で乗り放題となります。 あんまり言っちゃダメかもですが、普段はかなりガラガラなことが多いのです。まあ、レンタカー利用の方が便利ですし。パーク&ライドでバス…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

島根のゆるキャラ「しまねっこ」

せんとくんから始まった?ゆるキャラブーム。島根のキャラクターといえば、秘密結社鷹の爪に出てくる吉田くん(しまねSuper大使に任命)や「まめなくん」(まめな=元気ですか?を意味する方言「まめなかね」から取ったもので健康長寿しまねのキャラクターになっている)がいるが、どちらもゆるキャラかと言われれば「違う」というのが妥当なところ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一畑百貨店(出雲店)

松江にある一畑百貨店はローカル百貨店の典型的な建物になっていますが、出雲市駅そば、ツインリーブス(ホテル)に併設されている一畑百貨店は小さなSCといったいでたちになっています。 百貨店なんですが、百貨店商品券も使えません(要件を満たしていないので) 中に何回か入ったことがありますが、百貨店という感じはまったくしませんね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江の川

江津駅の近くにはこんな大きな橋があります。これは江の川を渡す橋です。 江の川?といわれると・・・島根のことはご存知なくても「江の川高校」という高校名でピンとくるかもしれません。 元々江津は「江の川の港」の意味があり、近くを流れる江の川の河口付近に位置しています。 残念?ながら江の川高校は石見智翠館高等学校と名称…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三江線

写真は江津駅構内です。 ごらんいただければおわかりのとおり、代行タクシーという文字があります。 先日のブログでもご紹介した大雪の影響で三江線の線路内は倒竹・倒木・土砂流入があり、一部区間で運休しており、今でも止まっている状況なわけです。 三江線は1日数本しか走ってませんからタイミングが大切なのですが、ちょうど、代行タク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜田は大雪でした。

今日は浜田へ出張していました。 写真のとおり、ものすごい雪です。お会いした地元の方に伺うと、「1年分の雪が今日降った」とのこと。浜田は松江より緯度的には南にあって温暖なので、めったに雪は降らないそうです。 そんなことでわさわさと仕事を終えて帰ろうとしたわけですが、雪ということで心配してネットで見てみたら・・・「倒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島根県庁

また、古い写真ですが、島根県庁の入り口です。 松江城の隣(というか三の丸)にあり、観光エリアに隣接しているため、ビジネスに観光に一番賑わいを見せるところです。 さて・・・愛子さまの登校の件が記事に出ましたね。 学習院というと、私にとっては高嶺の花といいますか、「別世界」のところだけに事情がわかりませんが、ひとつ気になる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くにびき大橋から宍道湖へ向けて

写真は半年前くらいのものですが。 ブログのトップの宍道湖の夕日もなかなかのものですが、松江市街地の北と南を結ぶくにびき大橋から見るのもなかなかのものです。 3月にもなってそろそろこういった景色も見ることができる・・・と思ったのですが、生憎今週はずっと雨、それどころか雪も降るかもしれません。 ローカル番組で「これが過ぎれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京への反撃材料?

某民主党重鎮が「島根・鳥取は日本のチベット」という失言をしました。ちょうど島根で選挙候補者が立った後ですから結構ダメージが大きい気がしますが。 それはそうと、この発言、東京からの指示への反撃に使えるんですよね。 東京「○○県ではもうやっている。島根も鳥取ばかり向いていないでしっかりやれ」 自分「いや~島根、鳥取は日本の何とか、とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

確定申告

サラリーマンである自分は確定申告をする必要は本来ないのですが、ある事情があって、申告をする必要があります。まあ、確定申告の条件を満たしているからなのですが、実際に行われるのは還付なので悪い話ではありません。 しかし、今年はその作業が遅れているんですよね・・・ ちょっとわからないことがあるからなのですが、面倒なので損な方で申告しようか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉造温泉駅

ちょっと仕事の関係で玉造温泉駅に行きました。 まあ、この近くで仕事があって、ここから次の仕事場へ移動、というわけなのですが、古き良き温泉街といったイメージで、なかなか厳しい状況があることもまた事実です。 ちょうど列車が到着するのを待って迎えの人が何人かいましたが、この日は平日とはいえ、昔ならたくさん降りてホテル・旅館の迎えが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠岐への旅~その33

境港に無事到着しました。 本当ならばせっかく境港に来たのでゆっくり海の幸でも堪能してから帰りたかったのですが、あいにく連絡バスは到着10分後に出発します。仕方ないので、そのままバス乗り場に直行して乗車しました。 なんとか天気は持ったようです。 冬の隠岐の旅ということで不安一杯でしたが、船旅なりの疲れというのは当然あるわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠岐への旅~その32

来居港を出港する隠岐汽船は島根県の七類港ではなく、鳥取県の境港に到着します。 まあ、松江からだとほとんど距離は一緒ですが・・・ 上の地図でわかると思いますが、左右に陸地が見えるようになったらまもなく到着、ということになります。 行きの船も混んでいましたが、帰りも冬の時期とは思えないほど混んでいました。 下船直前、下船口に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠岐への旅~その31

知夫里島を出発してしばらくは撮影していました。 山から見ても平地はないですが、海から見ても陸地はないですねえ。 日本にもまだまだ豊かな自然が手付かずで残っているところはあるな、と感じた瞬間でした。 で、帰りの船なんですが、行きに比べると少し揺れています。この日の天気は晴れから午後過ぎには天気は下り坂で雨、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠岐への旅~その30

いよいよ知夫を出発し、本土に帰ります。 出発時には例によって例のごとく甲板に出て地上を眺めます。すると・・・ 上の写真のようなものが出てきました。 もちろん地上から見ればなんてことのない待合室なのですが、実は上はこんなふうになっていたのですね。 格安航空券比較~「航空券ドットネット」 <scrip…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠岐への旅~その29

知夫の里のオーナーにお礼を言ってわかれ・・・と思ったら、オーナーもなにやら地元の人と会話をしています。切符を買うのを見届けていた?みたいで、切符を買った後、本当にお別れとなりました。ホテル知夫の里の皆さん、ありがとうございました。 さて、10分くらいして船がやってきました。「しらしま」です。 普段はこんな近くで撮影できな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TSKの立場から見た?出馬報道

知夫の旅も佳境に入っていますが・・・ 参院選島根 小沢幹事長大胆な青木幹雄潰し 日刊ゲンダイ 02月23日10時00分 政治的なことはコメントしないとして、今回岩田浩岳氏が立候補表明をしたことで、TSKを退社になったことについてTSKサイドからコメントしてみたい。 上の日刊ゲンダイはTSKと自民党の関係に触れている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠岐への旅~その28 知夫村滞在~その16

送迎の準備ができたので出発です。 ありがとうございました~といおうと思ったのですが、あいにく仕事でバタバタしていたようなので挨拶できないままの出発になりました。 前に少し書きましたけど、車の中では知夫村の現状をお聞きしました。 あんまり書くとアレかもしれませんがちょっとだけ。 元々ホテル知夫の里のオーナーは横浜で働いていたのを脱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠岐への旅~その27 知夫村滞在~その15

再開します。 ということで、残念なこともあったのですが、知夫村はわずかな、しかも観光スポットと言われるようなところにはまったく行ってませんが、それでも本当に楽しめました。 元々私は結構ひねくれた性格でして、「定番の観光スポット」みたいなところを回ったり、観光ガイドで色々調べるよりも、ふらっと散歩してそこで発見したものに喜びを感じるタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more